五輪エンブレム問題の調査始まる

アートディレクターの佐野研二郎氏がデザインし、盗作疑惑で白紙撤回された、2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレム問題を巡って、10月29日に外部有識者による調査チームの第1回会合が行われました。
旧エンブレムの選考の関係者に対して、聞き取り調査を開始し、11月までに調査を終える予定です。
調査結果の公表は年内に行うとのこと。
調査の対象者は、エンブレム選考への招待文書を送付した組織委の前マーケティング局長の槙英俊氏、審査委員だった組織委のクリエーティブディレクター高崎卓馬氏、他の審査委員7人です。
そして、佐野研二朗氏を含めた招待文書を送付されたデザイナー8人らとなる見通しとのことです。

シャープ、ロボット型電話発表

シャープが、持ち運び可能なロボット型の電話「RoBoHoN」を開発し、2016年前半に発売を開始するそうだ。価格は未定。
ロボットクリエイターの高橋智隆氏と共同開発による、電話と一体化した二足歩行が可能なヒューマノイドロボット。高さは195mm、重量は約390gと、持ち運び可能な大きさと重量に抑えた。
背後にタッチパネルを搭載しており、それによる操作も可能だが、メインは音声認識と音声読み上げで行うそうだ。「RoBoHoN、写真撮って」「RoBoHoN、自己紹介して」といった自然な言語を認識し、様々な動作や声による反応をするとのこと。例えばメール着信時にも「○○さんからメールだよ」と自然な言葉で通知を行う。それに対し、「読み上げて」と言うとメールを読み上げる。その後の返信も音声によって入力できる。また「タクシーを呼んで」と言うと、自動的にタクシー配車アプリを使いタクシーを呼ぶといった応用も可能。カメラを内蔵しており、写真の撮影が可能。カメラはユーザーの顔認識にも使われ、目の前にいるユーザーを認識して、その嗜好に合った反応を行う。頭部の上部にフォーカスフリーのプロジェクタを内蔵しており、写真や動画などを机や壁に映し出すことができる。
当然のことながら、ロボットとしての起き上がり動作や二足歩行、手足や頭を動かしてダンスを行うといったことも可能。電話としての機能も備えており、耳にかざして利用する。通信はLTEおよび3Gに対応する。
詳細なスペックに関しては発売日などが決定次第改めて案内を行うとしている。
iPhoneのSiriなど、音声認識によってスマートフォンを操作する機能はあるが、人間が四角い箱に話しかける様子は違和感があり抵抗を感じる人もいるだろう。それならスマホを人型のロボットなら積極的に声をかけられるようになるだろう、というのが高橋氏の狙いのようだ。高齢化社会の今、こうした形のスマートフォンなら高齢者でも操作が簡単にできるのではないだろうか

スターバックス、ボトル缶コーヒーに参入

スターバックスがボトル缶コーヒーに参入することになりました。
缶コーヒーの中でもボトル缶に目をつけたスターバックス。スターバックスの狙いはどこにあるのでしょうか。
アメリカのコーヒーチェーンのスターバックスは、サントリー食品インターナショナルと共同開発でボトル缶コーヒーの販売を始めました。今回、ボトル缶で発売されるコーヒーは、スターバックスの店舗でも使われている豆からつくられたブラックコーヒー。
一本の値段は200円とのこと。
他のボトル缶コーヒーと比べると60円ほど高くなっているが、「カフェ以外でも高品質なコーヒーを楽しんでいただきたい」ということです。ライバルのコーヒーショップのタリーズコーヒーでもすでにボトル缶に参入している。
コーヒー市場は、カフェからコンビニ、ボトル缶コーヒーまで、戦いは広がりを見せています。

嵐・二宮主演で『坊ちゃん』ドラマ化

人気アイドルグループ・嵐の二宮和也主演で、明治時代の文豪・夏目漱石の名作『坊ちゃん』がフジテレビ系新春スペシャルドラマとして放送されるそうだ。クランクインは10月ごろ、愛媛県松山市でのロケも予定されているとのこと。
「親譲りの無鉄砲で子供のころから損ばかりしている」という一文で始まる『坊ちゃん』は、漱石の教師時代の実体験をベースにかかれた小説で、時は明治、住み込みの女中・清から「坊ちゃん」と呼ばれている青年が主人公。短気で暴れん坊だが、嘘が嫌いで直情型の正義感を持つ型破りな江戸っ子・坊ちゃんが、四国の松山の旧制中学校に数学の教師として赴任することになる。そこで生徒や同僚の教師、学校外の松山の人々と大暴れする笑いあり涙ありの痛快なストーリーだ。
江戸幕府による大政奉還、明治天皇による王政復古の大号令が行われた1867年に生まれ、第一次世界大戦中の1916年に『明暗』執筆中に突然倒れ、49歳で亡くなった漱石。来年、没後100年という節目を迎える。1906年に文芸誌『ホトトギス』の付録として発表された『坊ちゃん』もまた、110周年のアニバーサリーだという。110年の間に宍戸錠や坂本九、松本幸四郎、津川雅彦など数々の名優たちが坊ちゃんを演じてきた。また漱石作品が21世紀に入ってからテレビドラマ化されるのは初だという。二宮にとっても漱石作品は初挑戦となる。どんなドラマになるのか今から楽しみだ。

山田優の寝顔写真「旬くん撮ったの?」ファン興奮

モデルと女優、マルチに活躍をする、山田優が、写真公開などをメインとしたSNSの「Instagram」で、自身の寝顔の写真を公開。
目を閉じたなんとも無防備な表情と姿に、ファンからは「旦那さまの存在を感じる」、「旬くんが撮ったの?」などと山田優の夫である、俳優の小栗旬が撮影したのでは?と浮き立つ声が寄せられている。
山田優は、この寝顔写真と共に「Good night!!!zzz!!! Have a sweet dream」とコメントをしている。フォローしているファンは、「寝顔まで綺麗!!」、「かわいい!!」などと称賛する一方で、「誰が~撮ったんかな?」と、この写真の撮影者が気になるようす。
「小栗くんが撮影?」と憶測が飛び交う中、「ラブラブでいいですね!」、「素敵な夫婦ですね!」などの声も上がっている。
山田優は2012年に小栗旬と結婚をし、昨年に第1子を出産した。22日に行われた出演作の「新宿スワン」のイベントでは、「子供はできれば5人欲しい!」と希望を明かすなど、夫婦ラブラブぶりを見せていた。

ヒグマが草食化?

北海道のヒグマは明治時代以降に急速に草食化していたことが、北海道大や京都大の研究で分かったそうだ。保存されていた各年代の骨を分析したそうだ。道内の開発が影響した可能性が高いという。
ヒグマは北半球に広く生息し、植物や虫、魚など生息地で得られる動植物を食べる。北米のヒグマはシカやサケの仲間を多く食べるが、北海道のヒグマはフキやサルナシなどの植物が中心だそうだ。道内にもシカやサケはいるが、いつから草食中心になったのかは不明だった。
研究グループは道東と道南のヒグマの骨を博物館などから提供してもらい、よく食べる動植物によって骨に含まれる比率が変わる炭素や窒素などを分析。骨の年代を「本格的な開発前」、「開発初期」、「現代」の3期に分けてヒグマが食べたものを調べたとのこと。ヒグマは肉食だから近づくと危険だと思われていたが、北海道のヒグマは「肉食だから」危険と言う訳ではないのだろうか?

腹持ちの良い食品

今年もう3月中旬。もうすぐ暖かい春が訪れます。春は薄着になる季節でもありますよね。冬にぶくぶく太ってしまって、今焦っている人も多いのではないでしょうか?そんなあなたのために、腹持ちのいい食品をご紹介します。まず、リンゴです。りんごは食物繊維がたっぷりと含まれていますので、綺麗に洗ったら、皮ごと食べることをお勧めします。次に豆腐。健康にも美容にも良い大豆は、生で食べても調理して食べても美味しく食べることが出来ます。さまざまな味にアレンジも可能なので、お勧めです。つぎにバナナです。甘くておいしバナナは1本のカロリーは80キロカロリーほど。甘いものを食べたいときにはバナナがお勧めです。つぎにオススメしたいのがゆで卵です。ゆで卵はたんぱく質が豊富の食材です。1個のゆで卵でも腹持ちは抜群です。そして、ポテトです。ポテトは、低カロリーなのに各種ビタミン、食物繊維が豊富に含まれています。サツマイモ、じゃがいもは腹持ち食品の中でもトップクラスです。お腹をしっかりと満たしてダイエットを成功させましょう!

生ハムおにぎり?

今、ネットを中心にブームになっているおにぎりがあるそうです。
それは、「生ハムおにぎり」。意外と思いつかなったその組み合わせですが、生ハムの程よい塩加減と白いご飯がちょうどよくマッチするとのこと。作り方はとても簡単なので、こちらで少しご紹介します。塩を振らずに冷めたご飯を小さめに握り、海苔の代わりに生ハムを巻きます。その上にブラックペッパーを一振りして出来上がり。お皿の横に緑おものを添えればオシャレになります。パーティなどのちょっとしたおもてなしにも喜ばれそうな一品です。さらにアレンジをしたい方は生ハムとごはんの間にスライスチーズを入れたりしても美味しく召し上がれます。バレンタインディナーにもピッタリなこのワンディッシュをぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

サンタの追跡

毎年GoogleとMicrosoftが支援するNORADからそれぞれサンタの追跡サイトが開設されているそうだ。NORADが2012年にそれまで採用していたGoogle MapsからMicrosoftのBing Mapsの乗り換えてからは、Googleは独自のトラッカーを公開しているそうだ。サンタトラッカーは基本的には12月24日にサンタが世界の子供たちにプレゼントを届けるために北極を出発し、トナカイのソリで飛び回るルートを”リアルタイム”で追跡するのが目的だ。毎月12月になるとオープンカウントダウンを始め、最近では毎日新しいゲームや動画を公開するなどのお楽しみコーナーを充実させているようだ。専用アプリがiPhone、Android、WindowsPhone向けに公開され、Facebook、Twitter、You tube、Google+でも追跡可能だそうだ。今年はサンタさんのために働く新人の妖精に名前を付けるキャンペーンも実施するそうだ。こういう遊び心のあるサービスを大手企業がやってくれるのは夢があって楽しい。

田舎にあるのに全国から注文が殺到する本屋さん

北海道砂川市にある「いわた書店」。街にポツンとある、普通の小さな本屋さんだが、全国から注文が殺到するというのだ。その背景に、とあるサービスが人気となっている。その名も「一万円選書」。本好きで、年間何百冊も本を読む店主が、一万円分の本を厳選して送るというサービス。注文の際には、店主が本を選ぶうえで重要となる、年齢、性別、職業、最近読んだ本など、簡単なアンケートに答えてもらうという。今までにないサービスだ。また、誰にでもできるわけではなく、数多くの本を読んできた店主だからこそできることである。残念ながら、注文が殺到しすぎて、現在は注文をストップしているという。注文が再開したら、ぜひとも頼んでみたい。