平林金吾

金吾は安藤喜代三郎・つね夫妻の三男として生まれ、その後伯母である平林家の養子となり東京に移住。
芝中学を経て東京高等工業学校建築科卒業。
その後入社した倉庫設計の会社で高橋貞太郎と出会う。
この高橋の勧めでこの会社を退職し内務省明治神宮造営局技手として宝物殿の工事管理に従事、同完成後は高橋が勤務する宮内省に勤務。
内務省在籍中の1918年、同僚だった岡本馨との連名で大阪府庁舎の建築設計競技に応募し、見事一等当選を果たす。
同庁舎は1926年に完成したが、応募作から大きな手直しはされなかったという。
また平林と岡本の連名作では建築学会会館のコンペでも一等となるが、関東大震災の影響で建設は見送られている。

http://www.tranviadebogota.com/