スターバックス、ボトル缶コーヒーに参入

スターバックスがボトル缶コーヒーに参入することになりました。
缶コーヒーの中でもボトル缶に目をつけたスターバックス。スターバックスの狙いはどこにあるのでしょうか。
アメリカのコーヒーチェーンのスターバックスは、サントリー食品インターナショナルと共同開発でボトル缶コーヒーの販売を始めました。今回、ボトル缶で発売されるコーヒーは、スターバックスの店舗でも使われている豆からつくられたブラックコーヒー。
一本の値段は200円とのこと。
他のボトル缶コーヒーと比べると60円ほど高くなっているが、「カフェ以外でも高品質なコーヒーを楽しんでいただきたい」ということです。ライバルのコーヒーショップのタリーズコーヒーでもすでにボトル缶に参入している。
コーヒー市場は、カフェからコンビニ、ボトル缶コーヒーまで、戦いは広がりを見せています。