嵐・二宮主演で『坊ちゃん』ドラマ化

人気アイドルグループ・嵐の二宮和也主演で、明治時代の文豪・夏目漱石の名作『坊ちゃん』がフジテレビ系新春スペシャルドラマとして放送されるそうだ。クランクインは10月ごろ、愛媛県松山市でのロケも予定されているとのこと。
「親譲りの無鉄砲で子供のころから損ばかりしている」という一文で始まる『坊ちゃん』は、漱石の教師時代の実体験をベースにかかれた小説で、時は明治、住み込みの女中・清から「坊ちゃん」と呼ばれている青年が主人公。短気で暴れん坊だが、嘘が嫌いで直情型の正義感を持つ型破りな江戸っ子・坊ちゃんが、四国の松山の旧制中学校に数学の教師として赴任することになる。そこで生徒や同僚の教師、学校外の松山の人々と大暴れする笑いあり涙ありの痛快なストーリーだ。
江戸幕府による大政奉還、明治天皇による王政復古の大号令が行われた1867年に生まれ、第一次世界大戦中の1916年に『明暗』執筆中に突然倒れ、49歳で亡くなった漱石。来年、没後100年という節目を迎える。1906年に文芸誌『ホトトギス』の付録として発表された『坊ちゃん』もまた、110周年のアニバーサリーだという。110年の間に宍戸錠や坂本九、松本幸四郎、津川雅彦など数々の名優たちが坊ちゃんを演じてきた。また漱石作品が21世紀に入ってからテレビドラマ化されるのは初だという。二宮にとっても漱石作品は初挑戦となる。どんなドラマになるのか今から楽しみだ。