フォッケウルフ

1923年 10月23日、ハインリッヒ・フォッケ、ゲオルグ・ウルフ、ウェルナー・ノイマンによって、ブレーメンに 「ブレーマー航空機製造株式会社 」として設立され、翌年1月にハインリッヒ・フォッケの姓とゲオルグ・ウルフの姓を合わせてフォッケ=ウルフ社に改名された。
高翼配置の薄翼をもつ民間用航空機などを製造したが、商業的成功には恵まれなかった。
1927年 9月29日、ゲオルグ・ウルフはこれらのうち1機のテスト飛行中に死亡した。
政府からの圧力の下、フォッケウルフはベルリンのアルバトロス社と1931年に合併し、アルバトロス社の有能な技術者でかつテストパイロットのクルト・タンクを技術部門の長にした。
タンクは1934年に飛行したFw 44を開発し、これが最初の商業的な成功作となった。