サンタの追跡

毎年GoogleとMicrosoftが支援するNORADからそれぞれサンタの追跡サイトが開設されているそうだ。NORADが2012年にそれまで採用していたGoogle MapsからMicrosoftのBing Mapsの乗り換えてからは、Googleは独自のトラッカーを公開しているそうだ。サンタトラッカーは基本的には12月24日にサンタが世界の子供たちにプレゼントを届けるために北極を出発し、トナカイのソリで飛び回るルートを”リアルタイム”で追跡するのが目的だ。毎月12月になるとオープンカウントダウンを始め、最近では毎日新しいゲームや動画を公開するなどのお楽しみコーナーを充実させているようだ。専用アプリがiPhone、Android、WindowsPhone向けに公開され、Facebook、Twitter、You tube、Google+でも追跡可能だそうだ。今年はサンタさんのために働く新人の妖精に名前を付けるキャンペーンも実施するそうだ。こういう遊び心のあるサービスを大手企業がやってくれるのは夢があって楽しい。