パンクラチオン

本当の何でもあり、の格闘技は古代パンクラチオン。

もう長い事、禁止されていた筈だけど何故復活したのだろうか。

日本でも急に立ち上がり、あまりに競技人口が少なくて1試合もせずに世界選手権の日本代表になった選手が4階級に渡っているという。

7階級全て含めても12人の参加者しか居なかったというのだから、凄い話だ。

世界大会も世界大会で、全然な状況だ。2勝2敗で世界4位になれる、という種目はなかなかないだろう。

アルティメットすら超えている、ほぼ何でもアリのルールなのに、流行らないのが謎だ。

恩赦法

大赦政令により罪の種類を定めて行い、有罪の言渡しを受けた者についてはその言渡しは効力を失い、有罪の言渡しを受けていない者については公訴権が消滅する。
大赦があった時点で受刑者は刑務所から釈放され、その時点で刑事事件の被告人である者に対しては免訴の判決が言い渡され、その時点で捜査中の者については捜査が終了する。
特赦有罪の言渡しを受けた特定の者について、有罪の言渡しの効力を失わせるものである。
特赦の時点で有罪の判決を受けていない者に対しては効力がない。
減刑刑の言渡しを受けた者に対して、政令で罪若しくは刑の種類を定めて行うものと、刑の言渡しを受けた特定の者に対して行うものがあり、一般減刑の場合は刑が減軽され、特定減刑の場合は刑の減軽又は刑の執行が減軽される。
つまり、刑が軽い種類のものに変更されたり、懲役刑等の期間の短縮が行われる。
また、執行猶予期間中の者については、猶予の期間を短縮することもできる。

フォッケウルフ

1923年 10月23日、ハインリッヒ・フォッケ、ゲオルグ・ウルフ、ウェルナー・ノイマンによって、ブレーメンに 「ブレーマー航空機製造株式会社 」として設立され、翌年1月にハインリッヒ・フォッケの姓とゲオルグ・ウルフの姓を合わせてフォッケ=ウルフ社に改名された。
高翼配置の薄翼をもつ民間用航空機などを製造したが、商業的成功には恵まれなかった。
1927年 9月29日、ゲオルグ・ウルフはこれらのうち1機のテスト飛行中に死亡した。
政府からの圧力の下、フォッケウルフはベルリンのアルバトロス社と1931年に合併し、アルバトロス社の有能な技術者でかつテストパイロットのクルト・タンクを技術部門の長にした。
タンクは1934年に飛行したFw 44を開発し、これが最初の商業的な成功作となった。

泉鏡花

1873年11月4日、石川県金沢市下新町に生れる。
父・清次は、工名を政光といい、加賀藩細工方白銀職の系譜に属する象眼細工・彫金等の錺職人。
母・鈴は、加賀藩御手役者葛野流大鼓方中田万三郎豊喜の末娘で、江戸の生れ。
幼少期における故郷金沢や母親の思い出は後年に至るまで鏡花の愛惜措くあたわざるものであり、折にふれて作品のなかに登場する。
1880年4月、市内養成小学校に入学。
1883年12月に母が次女やゑ出産直後に産褥熱のため逝去し、鏡花は幼心に強い衝撃を受ける。

アッサム・ライフル部隊

第二次世界大戦中アッサム軍事警察は、欧州と中近東における戦闘で英印軍の一部として英国側について闘った。
アッサム・ライフル部隊とはその際に、彼らの戦闘での功績を認知して1917年に付けられた名前である。
また第二次世界大戦中の1942年、日本軍の侵略から逃亡するビルマ難民の移動を助けた。
日本軍の通信を妨害したことで知られる「勝利軍」と呼ばれるレジスタンス勢力は彼らが組織したとされる。
第二次世界大戦が終結しインドが独立をするまでには、アッサム・ライフル部隊は5部隊で構成され、アッサム調査総警察の管理下で民間警察の一部になった。
独立後、インド政府自らがアッサム・ライフル部隊の部隊長を任命した。
部隊数も兵士の数も増え部隊規模が大きくなった現在の活動には、平和維持活動や災害支援なども含まれるようになったが、治安維持や戦闘にも参加する。
たとえば1950年のアッサム大震災では再移住活動を、1962年の中印国境紛争では前線部隊として活動。
また、北部インドの部族暴動を鎮圧する役目も担う。

フアンマネン

フアン・マネンはスペインのヴァイオリニスト、作曲家。
バルセロナ出身。
幼時より音楽の才能を示し、ヴァイオリニストとしてドイツで同国人のパブロ・デ・サラサーテと比較されるほどの成功を収める。
作曲家としてもスペインだけでなくドイツで注目を集めた。
作品にはオペラ『ナポリのジョヴァンナ』、『松明の踊り』、交響詩『新カタルーニャ』、ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリンとピアノのための組曲、ギターのための「幻想ソナタ」Op.22などがある。

團團珍聞

弾圧の対抗策に、団団社は1878年10月から『驥尾団子』誌を出し、団団の発行停止の場合に備えた。
そして頻繁に、罰金・禁獄・発行停止などの処分を受けた。
1883年、政府は団団・驥尾を念頭に、新聞紙条例を改訂してピンチヒッター的並立を困難にしたので、団団社は驥尾団子の自殺号を出した上で同誌を廃刊した。
1891年、野村文夫が没した後は梅亭金鵞が雑誌を支え、二年後に金鵞が没した後は、文夫の親族の野村猪三が経営したものの、次第に社運が傾き、1897年4月、大岡育造が団団社を買い取って大岡の中央新聞社の銀座四丁目に社を移し、社名を『珍聞館』と変えた。

ドーリットル空襲

日本軍による一連の本土への先制攻撃は、これまで殆ど本土を攻撃された経験のないアメリカ政府のみならず国民にも大きな衝撃を与え、フランクリン・D・ルーズベルト大統領は日本軍の本土上陸は避けられないと判断し、ロッキー山脈でこれを阻止する作戦の立案を指示し、同時に人種差別政策である日系アメリカ人の強制収容すら行うこととなった。
さらにアメリカ政府はこれらの日本軍の本土攻撃に対して、国民の動揺と厭戦気分を防ぐべくマスコミに対する報道管制を敷いたが、その後も日本軍の上陸や空襲の誤報が相次いだ。
さらには上記の砲撃作戦の翌日には、ロサンゼルスに対する日本軍機の空襲を誤認した陸軍による高射砲戦が行われた結果、6人の民間人の死者を出すなど、アメリカ国内は官民を問わず大きな混乱と恐怖に覆われることとなった。

カルル・フリードリッヒ・シンケル

ノイルピンの生まれ。
建築家フリードリッヒ・ジリーの下で建築を学んだ。
1803-1805年にイタリア、フランスに留学し、建築、造園、絵画などの幅広い知識を身に付けた。
プロイセン王室の建築家として活躍し、多くの作品を残した。
作風はギリシア建築に倣った新古典主義建築であるが、アルテス・ムゼウムにも見られる幾何学的、厳格で端正なデザインはモダニズム建築の美学に通じると評される。
モダニズムの建築家フィリップ・ジョンソンは、最も影響を受けた建築家としてミースとともにシンケルの名を挙げている。

マルティン・ハイデッガー

1889年にマルティン・ハイデッガーは帝政ドイツのバーデン大公国メスキルヒにて、地元のカトリック教会の樽職人のフリードリヒとヨハンナの第一子として生まれた。
敬虔な両親の教育もあり、ハイデッガーは初めは神学を学んだ。
1903年からコンスタンツで、1906年からフライブルク大学で学び、1909年にギムナジウムを卒業した後にはイエズス修道会に加入する。
心臓の病気により修道の道を断念した後は、1911年までフライブルク大学の神学部で学んでいた。
この時期にも幾つか論文を執筆しており、それらは今日出版されている。
1911年に哲学に専攻を変更し、数学、歴史学、自然科学を共に学ぶ。
当時、フライブルク大学の哲学講座は西南ドイツ学派のリッケルトが有しており、ハイデッガーの最初の哲学的訓練もそれに則したものとなった。